英語のレシピの読み方

ローフードはアメリカで一番発達しています。
だから、英語のレシピがわかれば、ローフードの世界がぐっと広がります。
ローフード留学をお考えの方にも、きっとお役に立ちます。
私たちRose Lemonはアメリカにお料理留学をしていた時、
毎日何十レシピも読解していました。
材料から始まり、手順まで、
レシピ読解方法を教室で少しずつお伝えしていく予定です。 続きを読む: 英語のレシピの読み方

フードプロセッサーとブレンダー(ミキサー)の選び方

ローフードをはじめるにあたり、まず買いたくなるのが、
フードプロセッサーとブレンダーではないでしょうか?

ローズレモンでは、より「おいしい」を追求するため、
プロも使っているCuisinart(クイジナート)のフードプロセッサーと、
日本ではまだ珍しいBlendtec(ブレンドテック)のブレンダーを使っています。

ブレンドテック


クイジナート

フードプロセッサー

フードプロセッサーは、固体を攪拌するもので、下ごしらえなどに使います。
野菜をカットしたり、大根おろしを作ったり、パンをこねたり、
カッターの種類やモーターのパワーによってできることがかわってきます。

続きを読む: “フードプロセッサーとブレンダー(ミキサー)の選び方”

なぜナッツを浸水させてから使うのか?酵素抑制物質の話

ナッツや、マメ、種類は、たんぱく質分解酵素阻害物質(プロアテーゼインヒビター)というものに守られて、休眠状態になっています。

地に落ちて、植物が生きていくために必要な環境(水)が整って、はじめて発芽するようになっているんだそうです。植物ってよくできてる!
浸水せずに、たんぱく質分解酵素阻害物質が働いている状態のまま食べると、折角の酵素が活躍しないだけではなく、その刺激でおなかを壊してしまう可能性もあります。
豆類を乾燥したまま食べる方はなかなかいないと思うのですが、ナッツはローストしたナッツのように、そのまま食べないように、要注意です。浸水した後、その水を捨て、もう一度ナッツを洗って使ってください。たんぱく質分解酵素阻害物質は水に溶けやすい性質をもっているので、つけていた水にたんぱく質分解酵素阻害物質は溶け出しています。加熱処理してもたんぱく質分解酵素阻害物質をなくすことができるのですが、加熱してしまうとrawでなくなってしまいます。 続きを読む: なぜナッツを浸水させてから使うのか?酵素抑制物質の話

玄米に向いた圧力なべは?もちもちがお好きな方におすすめ。

玄米に向いた圧力なべってどれでしょう?モチモチに炊きたいなら、日本製のヘイワ圧力鍋がおすすめです。玄米に適した圧まで上げることができるからです。また、内がまを使えば、少量の玄米も炊けて、洗い物もラクチンです。健康のために玄米を食べるのではなくて、おいしいから玄米を食べたくなりますので、食べすぎ注意です。 続きを読む: 玄米に向いた圧力なべは?もちもちがお好きな方におすすめ。